施設案内

ハンディキャップルーム

ゆったりオーシャンリゾート

当ホテル2階の洋室4室は、改装により車イスに対応した客室(ハンディキャップルーム)となりました。
ご利用者の皆様の障害の程度はそれぞれ異なりますので、全ての方々に満足いただくことは難しいと思いますが、できる限りのおもてなしをさせていただきます。

駐車場からハンディキャップルームまで

車イスをご利用の方の専用駐車場

車イスでのご宿泊や当ホテルのご利用の場合はホテル1階部分の駐車場をお使いください。
エントランスに一番近い駐車スペースが専用の駐車場となっています。
建物の2階部分が屋根となっているため雨にぬれることなくエントランスから館内に入ることができます。

駐車場からエントランスへ

駐車場からはスロープをご利用ください。

エントランスから2階・3階へはエレベーターで

2階 客室・レストラン
3階 フロント・ロビー・ラウンジ
エレベータの入口は幅80センチ
エレベーター内部は、幅130センチ奥行140センチ

エレベーターで2階:レストラン・客室へ

エレベータで2階に降りるとレストランの入口になります。
客席からは日本海が一望できます。
レストランをご利用のお客様はこちらからお入りください。
ご宿泊のお客様は、このエレベーター前の通路から客室(ハンディキャップルーム)へ向かいます。
少し急なスロープがありますが段差はありません。
ご宿泊のお客様はこちらから。2階レストラン隣の売店には車イスに対応したトイレがあります。

このページの先頭へ戻る

ハンディキャップルームのご案内(車イス対応の洋室標準タイプ)

車イスに対応した32平米の標準タイプのツインルームが、3室ございます。

客室Aタイプ(1室)

ユニットバス入口開口部74センチに広げたツインルーム。ユニットバスの入口は自走式の車イスの
利用ができます。

客室Bタイプ(2室)

ユニットバス入口開口部62センチのツインルーム。貸出用のコンパクト車イスをご用意いたしました。

お部屋のご案内

Aタイプ・Bタイプともに、クローゼットのハンガーやライティングディスクの鏡は車イスからでも使用可能です。
ユニットバスのドアは引き戸、入口に手すりを設置、トイレにはウォシュレットを装備し、手すりを設置しました。
なお、ユニットバス内で車イスが回転するスペースはありませんので予めご了承くださいませ。
ベッドとベッドの間隔は車イスが入れるように調整することができます。

このページの先頭へ戻る

ハンディキャップルームのご案内(車イス対応の洋室STタイプ)

車イスに対応したゆったり広め、40平米の明るいオーシャンビューのツインルームが1室ございます。
海をながめながら藤のチェアやテーブルでくつろげば、そこは南国風のオーシャンリゾート気分。40平米の広々としたツインルームでお待ちしております。詳しい料金につきましては、お問い合わせくださいませ。

お部屋のご案内

入口から室内までは緩いスロープがあります(平部170センチ、スロープ部160センチ)。
お部屋に入ると目の前に日本海が広がります。
入り口ドアは、開口部80センチですが、室内への通路は幅が125センチありらくらく移動が出来ます。

海に向かって左側にゆったりした広めのツインベットが、右側にはテレビやテーブルがあります。

トイレ・洗面台とお風呂は別々になっています。トイレ・洗面台入口開口部は80センチあり、中も広くスペースを取っているので、車イスでの回転も十分余裕で行う事が出来ます。トイレは洗浄機能付きで蓋も自動で開閉する機能が付いています。

トイレ・洗面台の奥に浴室があります。浴室入り口開口部は80センチ。ドアは3連式の引き戸タイプです。
浴室へは約13センチの段差があります。予めご了承ください。

その他、車イス対応の標準タイプ同様にクローゼットのハンガーやライティングデスクは車イスからでも使用可能です。また、ワーク用デスク(無料でインターネット接続可)もあります(いずれも高さは70センチ)。
なお、ベッドとベッドの間隔は車イスが入れるように調整することができます。

このページの先頭へ戻る

浴室用設備ご案内

  • バスボード
    幅:36センチ
    長さ:74センチ
    高さ:25センチ
    手すりの位置を変更することができます。
    重量:3.8Kg

  • バスタブ用
    セーフティマット

    35センチ×76センチ
    バスタブの大きさ
    61センチ×140センチ

  • シャワーベンチ

    シャワーベンチ
    幅:43センチ
    奥行き:49センチ
    高さ:70~80センチ
    高さは5段階調節

  • 浴槽手すり
    浴槽手すり握り手が、浴槽側、外側、垂直と3通りの使い方ができます。